レンタルサーバー 激安



レンタルサーバーの料金について

有料のレンタルサーバーは、おおまかに2種類のサービスにわけられる。
共用サーバーと専用サーバーだ。

共用サーバーは、複数のユーザーが1台のサーバーを共有するので使用料は低くなる傾向にある。サーバーマシンの管理も業者が行うから、ユーザーはサイトの管理だけに専念できる。

ただ、値段の安いサーバーには、1台のサーバーを、物凄くたくさんのユーザーで共有するところもあるんだ。そのため、使用できる容量が少なかったり、人件費を節約するためにサポート対応がメールのみで不便だったりするんだ。

また、人件費の安い海外にサーバーを置いている業者の場合、回線速度が遅くなったり、時差の影響でトラブル解決までに時間がかかったりすることもあるようだね。

あとは、1台のサーバーマシンを何人のユーザーに割り振るか・・・で、料金が違ってくる。適度なユーザー数で割り振るように管理されていれば、共有サーバーでも殆ど問題ないのが実際のところだろう。

例えば、エックスサーバーは比較的少ない人数で、1台のサーバーマシンを共有するように制限しているので、共用だけど、快適で速いサーバー環境を実現できていると思うね。

専用サーバーは、1台のサーバーマシンを1人のユーザーが独占して使用できるんだ。サーバーの性能いっぱいまで容量を使うことができて、一度にたくさんのアクセスが集中してもサーバーダウンなどの事故が起こりにくくなるから、人気商品を扱うネットショップを運営するなら専用サーバーを利用した方がいいだろうね。

ショップ利用以外にも、趣味のサイトでたくさんの訪問者が予想されたり、いろいろなCGI機能を使ったりして本格的なサイトを運営したい時には専用サーバーの利用がオススメだ。

その反面、専用サーバーは使用料がかなり高額で、OSや回線が限定されることがあるんだ。PATH(パス)やディレクトリの管理、CGIのパーミッションの設定など、高度な知識とPCスキルも必要になる。

このほかにはVPSサーバーというものもある。VPSとは仮想専用サーバー(Virtual Private Server)の略称で、1台のサーバーを共有しつつ、専用サーバーの使い勝手を実現したサーバーだ。

これは仮想化技術によって、1台のサーバーに複数の専用サーバー環境を構築しているんだ。実際には共有サーバーだけれど、ユーザーは専用サーバー感覚で利用することができる。専用サーバーを借りるより料金は低く抑えられる傾向にあるようだ。




激安レンタルサーバー比較

アイル ホスティングサービス



エックスサーバー



ハッスルサーバー



お名前.comレンタルサーバー



ロリポップ



さくらインターネット



コアサーバー