レンタルサーバー 激安



ドメインの名義が自分のものなら大丈夫

レンタルサーバー会社が潰れればサーバーも止まるので、そこを通じてアップロードしたHPも見ることはできなくなるね。

でも、ドメインを別のサーバー会社に移行して、自分のパソコンなどにバックアップしてあったHPのデータをアップロードし直せば、元通りHPを見られるようになるよ。

会社が潰れたり、サーバートラブルが起きたりしてデータが消えた時の免責や対応などは規約に書かれているはずだから、ちゃんと確認しておくべきだね。そもそも小〜中規模のレンタルサーバーは潰れることが少なくないから、データのバックアップを自分で取っておくのは鉄則だよ。

ただ、ドメインの管理がサーバー会社だった場合、今までのドメインは使えなくなるから、サイトのURLを変更しなければならなくなってしまうんだ。

ドメインを取得する時に、登録するメールアドレスが自分のではなくサーバー会社のものだった場合、ドメインの名義はサーバー会社ということになる。そうなると、ドメインを移行するために手数料が必要になったり、移行自体が不可能だったりするんだ。

ドメインを新たなサーバーに設定するには「許可コード(Auth Code)」が必要になる。そうした情報のやりとりも、ドメインを取得する時に登録したメールアドレスで行うことになる。

だから、自分のメールアドレスで登録できて、自分でドメインを管理できるドメインレジストラからドメインを取得しておく方がいいよ。

そうすれば、サーバー会社が潰れても別のサーバーにドメインを移して、HPを復活させることができるんだ。




激安レンタルサーバー比較

アイル ホスティングサービス



エックスサーバー



ハッスルサーバー



お名前.comレンタルサーバー



ロリポップ



さくらインターネット



コアサーバー