レンタルサーバー 激安



ドメインレジストラとサーバー会社は分けた方が良い?

サーバーをレンタルする時、ドメインをどうするか、一度は迷うところだよね。

レンタルサーバーにもいろいろあって、中には独自ドメインを取得できるところや、ドメインレジストラを姉妹サービスに持っているところもあるね。

まずは、レンタルしたいサーバーが、別会社からのドメイン持込みに対応しているかどうかを確認してみよう。価格や機能が自分の求めるものにぴったりのサーバーでも、持込みに対応していなければ、せっかく取得したドメインも使えないからね。

さて、ドメインレジストラとレンタルサーバーが同じ会社の場合、同じIDやパスワードを使えるから管理がラクだというメリットがあるね。何より、ドメインとサーバーとの親和性が高い。設定のお手軽さは、初心者でなくても魅力的だ。

料金の支払いや更新などの作業が一度で済むのも面倒がなくていい。別会社でドメインを取得した場合と比べて、料金に大きな違いがないなら、同じ会社の方がいいかもしれないね。

ただ、同じ会社ならではのデメリットもあるんだ。

たとえば、運営しているサイトが大きくなって、もっと容量の大きいサーバーへの移転が必要になった時や、料金の安いサーバーに引っ越したくなった時だ。

サーバーは移っても、自分の名前やサイト名などの入ったドメインを使い続けたいよね?

ところが、業者によってはドメインを取得する際、サーバー業者の名義で取得して、その後の管理をユーザーに代わって行う、というサービス方針のところがあるんだ。

そういう場合でも、ドメインの管理をユーザーに移すことはできると思うよ。でも、手続きとかで面倒な手間はかかってしまうだろうね。

それに、「サーバーを移転したいからドメインを譲ってくれ」と頼んでも、業者が必ず応じてくれるとも限らないんだ。「このドメインは会社が取得したもので、名義も会社になっているから」と断られてしまう可能性があるんだ。

将来サーバーを移転する可能性のある人は、ドメインとサーバーの業者は別にしておいた方がいいかもしれないね。

オススメは、ムームードメインで独自ドメインを取得してから、使い勝手のいいサーバーと契約するというスタイルだ。これならドメインを自分で管理できるし、将来サーバーを移転しても同じドメインを使い続けることができる。




激安レンタルサーバー比較

アイル ホスティングサービス



エックスサーバー



ハッスルサーバー



お名前.comレンタルサーバー



ロリポップ



さくらインターネット



コアサーバー