レンタルサーバー 激安



個人用とビジネス用の違いは?

基本的には、レンタルサーバーに個人用とビジネス用の違いというのはないんだ。

会社のHPを激安レンタルサーバーで運営しているところもあれば、月額1万円以上の専用サーバーを借りて運営しているところもあるからね。逆に、専用サーバーを個人で借りて利用している人だっているよ。

じゃあ、わざわざ「個人用」や「ビジネス用」と区別しているのはどうしてかというと、提供する機能やサービスで付加価値をつけて販売するためなんだ。

例えば、ビジネス用には、利用できるドメインやメールアカウント数を増やしたり、ディスク容量を増やしたり、制限を少なくして自由度を高めたりといった付加価値をつけるというカンジだ。

もちろんビジネス用だから、頻繁にダウンしたり回線が不安定になったりしないように、設備の面でも増強はしているようだね。セキュリティ対策も、個人用よりはすばやく対策が取られるようだ。

まとめると、ほとんどの場合は、付加価値が個人向けかビジネス向けかという違いがあるだけで、サーバーの性能に大きな違いがあるわけではない、ということになるんだ。

ただ、webショップなど、販売を行ったり、一度に多人数が訪問したりする商用サイトでは、個人向けと大差ないサーバー性能では不安があるね。

利用するサーバー会社の規約にもよるけれど、商用サイトの場合はきちんとビジネス用としてサーバー側が用意しているプランを使うことになるだろうし、その方がサイトを安全に運営できることになるね。




激安レンタルサーバー比較

アイル ホスティングサービス



エックスサーバー



ハッスルサーバー



お名前.comレンタルサーバー



ロリポップ



さくらインターネット



コアサーバー