レンタルサーバー 激安



ドメインをサーバー会社に握られてると面倒だ

サーバーを移転する理由は人によっていろいろだけど、移転先でも今までと同じドメインを使い続けたい、というのは誰もが考えることだよね。

でも、ドメインを持ったままでの移転がとても難しかったり、使えなくなってしまったりする業者もあるんだ。

中でも、取得したドメインの管理をサーバー業者側が行う契約になっている場合は要注意だ。

こういう業者の場合、移転先でドメインを使い続けるにはドメイン移行申込みの申請料や手数料が必要になることが多い。

それも、金額が明記されていない場合が多いから、実際にいくらお金がかかるのか、事前にはわからないようになっているんだ。

それでも、お金を払えば移行できるなら、まだいい方かもしれない。
「このドメインは、うちの会社のものですから」 と断られてしまえば、ユーザーは何も言えないよね?

こうしたことを避けたいなら、
ドメインはサーバーと違う会社で取得しておいた方がいい。

例えば、バリュードメインやムームードメインでドメインを取得し、他社からのドメイン持込みに対応しているサーバーと契約するのがオススメのスタイルだ。これなら、どこのサーバーに移転しても同じドメインを使い続けることができる。

サーバーと姉妹サービスのドメインレジストラも多いね。手続きや設定が簡単だから利用する人も多いだろうけど、サーバーと別会社になっているか、ドメインを持って移転することができるか確認しておいた方がいいだろう。

特に、もとはサーバー業で、ドメインの取得にも対応するようになった業者の場合、ドメイン管理を業者が行っていることが多い。将来サーバー移転を考えているなら注意が必要だ。

逆に、ドメインレジストラから派生した激安サーバーもあるんだ。お名前.comや、バリュードメインから派生したエクセリアとコアサーバーなどだ。

ちなみに、ムームードメインと、ロリポップやチカッパ、ヘテムルといったレンタルサーバーは姉妹サービスという関係になるが、ムームードメインで取得したドメインは、これら姉妹サービスのサーバー以外にも割り当てて使えるから問題ない。

これらの業者なら、ドメインを持ったまま別のサーバーに移ることができる。サーバーとドメインレジストラとの親和性も高いので参考にしてほしい。

もちろん、下で紹介しているレンタルサーバーは、どれも問題ない。
オススメは、ムームードメインで独自ドメインを取得して、エックスサーバーに割り当てて使う方法だ。




激安レンタルサーバー比較

アイル ホスティングサービス



エックスサーバー



ハッスルサーバー



お名前.comレンタルサーバー



ロリポップ



さくらインターネット



コアサーバー

コアサーバー