レンタルサーバー 激安



SEO的に有利なレンタルサーバーとは

GMOグループの都市伝説はともかく・・・

せっかくサイトを作ったなら、たくさんの人に訪問してもらいたいよね。

訪問者を増やすてっとりばやい方法といえば、Yahoo!やGoogleなどの検索でできるだけ上位にランクインさせることだというのは、もう常識だよね。

そのための方法にSEO(Search Engine Optimization)というものがある。SEO対策とも呼ばれていて、検索でサイトが上位にランクインするように工夫することをいうんだ。

もう知ってると思うけど、Googleではサイトの内容だけでなく、サイトの表示速度も検索順位に影響するようにアルゴリズムが変更されたよね。ということは、これから先、表示時間の遅いサイトは検索順位でも不利になるってことなんだ。

『 できるだけサイトも軽くしたし、個人でできるSEOはやり尽くしたよ。
     でも検索上位に表示されないんだ。これ以上、どうすればいい? 』

そんな悩みを抱えている人は、サーバーを見直すことを考えてみてはどうだろう?

レンタルサーバーは、バックボーンの回線速度や安定性によって表示速度が大きく違ってくる。つまり、回線が太く速いほどSEO的に不利な要素を減らせることになるんだ。

不安定で、しょっちゅうダウンしているようなレンタルサーバーでは、上位ランクインは難しいかもしれない。検索エンジンのボット(Yahoo!のYST、Googleのクローラーなど)が巡回してきた時にダウンしていたら、検索に拾ってもらえなくなっちゃうからね。

レンタルサーバーを選ぶ基準や条件はいろいろだろうけど、とにかくスピードを重視するなら「エックスサーバー」がオススメだね。低価格のレンタルサーバーの中では、213Gのバックボーン回線は国内最速だから、サイトがなかなか表示されないイライラともサヨナラできるよ。

他にも、SEO的に有利なレンタルサーバーと言えば、GMOグループのレンタルサーバーは何故か上位表示されやすいという噂があるね。

ボクもGMOグループの中の激安サーバーである「お名前.com」の共用サーバーSDというのを1つ借りて試してみたけど、言われてみれば、なんとなく上がりやすいような印象はあるかな。

MT(ムーバブルタイプ)の簡単インストールに対応してたり、マルチドメインが無制限(追加料金なし)で使えるのはいいけど、お名前.comの共用サーバーSDは、以前は表示が遅くて閉口したよ。

でも、最近では表示速度もだいぶ速くなって、エックスサーバーと比べても遜色なくなったね。エックスサーバーより500円ほど高いけど、この価格帯で24時間の電話サポートが受けられるメリットは大きいんじゃないかな。




激安レンタルサーバー比較

アイル ホスティングサービス



エックスサーバー



ハッスルサーバー



お名前.comレンタルサーバー



ロリポップ



さくらインターネット



コアサーバー